ROSWHEEL ロスホイール トライバッグ フレームバッグ

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/500 sec, ISO160)
ROSWHEEL ロスホイール トライバッグ フレームバッグ



ROSWHEEL ロスホイール トライバッグ フレームバッグの便利な使い方を紹介します。

ROSWHEEL ロスホイール トライバッグ フレームバッグは2012年頃に初代モデルが発売された商品で、スマホとモバイルバッテリーが収納可能でジッパー式でペダリングのじゃまにならないという、当時欲しかったバッグのイメージにピッタリだったので即購入し、ずっと使っています。



このバッグの不満点を上げるとすれば、取り付け位置の関係で目線をかなり落とさないスマホの画面が見れないことです。

便利なバッグなのですが、この視線移動が結構フラストレーションがたまります。

チラッとみてルートを確認する事が出来ないので一旦止まっての確認になるからです。

 

というわけで、何とかならないかな~?と思って、無加工で何とかしてみました。

このバッグは通常は以下の様に取り付けます。ステムの手前、トップチューブの上です。

ROSWHEEL ロスホイール トライバッグ フレームバッグの通常の取り付け方

ROSWHEEL ロスホイール トライバッグ フレームバッグの通常の取り付け方



 

これを、以下の様にステムの上に取り付けると、あーら不思議、とっても見やすいじゃないですか!

ROSWHEEL ロスホイール トライバッグ フレームバッグの便利な装着方

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/250 sec, ISO160)
ROSWHEEL ロスホイール トライバッグ フレームバッグの便利な装着方



 

とりあえず、加工せずに付けているのでベルトが無理やりな感じです。

下側のベルトは普通にステムに巻いて、前方のベルトはハンドルバーぐるっと回して元々ついているマジックテープで止める感じでつけています。

ROSWHEEL ロスホイール トライバッグ フレームバッグ

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/125 sec, ISO160)
ROSWHEEL ロスホイール トライバッグ フレームバッグ



見栄えはあんまり良くないですが、画面が見やすいので良しとしています。

ベルトを延長したらもっと綺麗に装着できそうなので、いずれ加工してみようかなと思います。

 

横から見ると変な付け方してることはバレなさそうです。

ROSWHEEL ロスホイール トライバッグ フレームバッグ

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/400 sec, ISO160)
ROSWHEEL ロスホイール トライバッグ フレームバッグ



 
【2013年最新モデル】イヤホンホール付改良版 容量アップ!! ROSWHEEL ロスホイール トライバッグ フレームバッグ トップチューブバッグ オールウェザー スマートフォン収納可能 【並行輸入品】 (グリーン)
ROSWHEEL イヤホンホール付フレームバッグ スマートフォン収納 ブラック/グリーンライン 最大容量タイプ【並行輸入品】

↓お役に立てましたら、ランキングやイイネ!のクリックを頂けると嬉しいです↓

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ


こちらの記事もどうぞ

Google Nexus 7 や iPad にオススメのモバイルバッテリー cheero Power Plus 2 10400mAh 大容量モバイルバッテリー
iPhone にオススメの軽いモバイルバッテリー cheero Grip 5200mAh 大容量モバイルバッテリー
スマホから一眼レフとかミラーレスカメラの写真をアップする Eye-Fi Pro X2は便利
重い以外は理想的なモバイルバッテリー cheero Power Plus 10000mAh
iphone5のライトニングケーブルの互換品を購入してみる
Eye-Fiに続けてPQI Air Cardも購入してみた
バイクに格安でオーディオを! ヘルメットに音楽が聞けて通話もできるインカムを組み込む
スマホをバイクナビにするには?試行錯誤の末、iPhoneアプリのnavicoと防水ケースに辿り着くまで