夕暮れの大山

Canon EOS 7D (30mm, f/7.1, 1/1000 sec, ISO400)
夕暮れの大山



「RAWなんて面倒くさいよね」 とか。
「RAWなんかで撮ってたらHDDの容量いくら有っても足りないよ」 とか。
「JPEGで一発で決めるべき」とか。
「RAW現像を行うとカメラの下僕になってしまう」とか。    ←どこかのカメラマンの言葉

等々、思うことも有るんですけども。

ここぞという時にRAWで撮っておくと意図しない発色や露出になった時に、後から補正できるので便利です。カメラに付属の現像ソフト(Canonの場合はDigital Photo Professional)でも全然問題なく使えるし、専門メーカーのパッケージソフトを買うと操作性や機能が優れていて思い通りの写真に仕上げやすいです。

株式会社市川ソフトラボラトリーのSilkypixでは、Jpeg画像でも内部でRAW扱いにして現像処理出来たりします。

 

Silkypixの体験版で試しに現像してみました。

 

○ホワイトバランスを極端に変更する

現像前

Canon EOS 7D (30mm, f/7.1, 1/1000 sec, ISO400)
現像前



現像後

Canon EOS 7D (30mm, f/7.1, 1/1000 sec, ISO400)
現像後



 

○青空を強調する

現像前

Panasonic DMC-GX1 (14mm, f/4.5, 1/1600 sec, ISO160)
現像前



現像後

Panasonic DMC-GX1 (14mm, f/4.5, 1/1600 sec, ISO160)
現像後



 

○青空を強調して、HDRも適用する

現像前

Panasonic DMC-GX1 (14mm, f/8, 1/320 sec, ISO160)
現像前



現像後

Panasonic DMC-GX1 (14mm, f/8, 1/320 sec, ISO160)
現像後



 

RAW現像を行うと、この様に全く違った印象に仕上げる事が可能です。

株式会社市川ソフトラボラトリーのSilkypixは、体験版が30日間無償で利用できるので、ぜひ遊んでみてください。

 

 

↓お役に立てましたら、ランキングやイイネ!のクリックを頂けると嬉しいです↓

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ


こちらの記事もどうぞ

梅雨の季節も写真は楽しい。子供たちと雨の日の写真散歩に出かけた話 EF50mm F1.4 USM
マクロレンズでポートレートは楽しい TAMRON SP AF60MM Di2 MACRO Model G005
自転車で近所をポタリングしてきた LUMIX G 20mm F1.7
渋谷で柴犬が店長をやっているバー bar BLACK SHEEPに行って来た
時々モノクロ写真を楽しむ OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
30年前のレンズを最新のデジタル一眼レフで使う M42マウントアダプターとAsahi Super-Takumar F1.8/55mm
マジックアワーの風車の景色が絶景だった!静岡から愛知へ海岸線をトレースするバイクツーリング。「しばちゃんちのジャージー牛乳」も飲んだ
丹沢の大山へ、子供たちをハイキングと油断させて頂上まで登ってきた。VAXPOTのトレッキングポールが大活躍