丹沢山までの距離表示

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/400 sec, ISO160)
丹沢山までの距離表示



春の丹沢山にソロ登山に行ってきた。

綺麗に咲き誇るツツジが見たかったのと、健康診断が近く体重を落としておきたいのでダイエットも兼ねています。

山と高原地図 丹沢とにらめっこして、塩水橋のところから登ることにしました。片道3時間、7.8kmのルートです。

ちなみに山と高原地図はスマホのアプリ版も販売されているのでそちらもオススメです。GPSで現在位置が分かるのでよっぽどの事がなければ道迷いしません。ボクはスマホの地図に加えて紙の地図も万が一に備えて持って行っています。

登山口へは、バイクでアプローチしました。登山靴を履いてのバイクは乗りにくいですね。

山と高原地図 28.丹沢 2013
モンベル mont-bell GORE-TEX ツオロミーブーツ Men’s 1129209 TN (タン/26.5)

家を出発したのが、9時という登山には有り得ない遅さだったので塩水橋近辺の駐車出来そうなスペースはギッチリ埋まっていました。バイクで行ったので問題なかったのですが、車なら駐車場所の確保が課題になりそうな登山口です。

林道 本谷線 起点

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/640 sec, ISO160)
林道 本谷線 起点(この丹沢山への距離表示は本谷線を通った場合です)



クマ出没注意の看板

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/1000 sec, ISO160)
クマ出没注意の看板



10時から登りはじめると、あたりまえですが周りには誰もいません(笑)山と高原地図のスマホ版を見ながらテクテクと登っていきます。前半は舗装されている林道になっていてこの区間がかなり長いです。周りに誰も居ないので熊鈴替わりにスマホのスピーカーで音楽を聞きながら登りました。

林道脇に時々咲いている藤の花が綺麗です

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/1000 sec, ISO160)
林道脇に時々咲いている藤の花が綺麗です



塩水林道はこんな感じで木陰があって歩きやすいです

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/5.6, 1/60 sec, ISO160)
塩水林道はこんな感じで木陰があって歩きやすいです



塩水林道の様子

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/500 sec, ISO160)
塩水林道の様子



去年の5月前半に丹沢山の近くの高畑山近辺に登ったときはかなり雪や霜柱が残っていましたが、 さすがにかなり暖かくなったので登山道には雪は残っていませんでした。

林道の分岐点まできました。塩水林道の方面に進みます。そういえばなんで1.2kmも長いルートを選んだんだろう?

丹沢山までの距離表示

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/400 sec, ISO160)
丹沢山までの距離表示



道路脇の白い花

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/320 sec, ISO160)
道路脇の白い花



道路脇の白い花

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/400 sec, ISO160)
道路脇の白い花



ヤマツツジ

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/800 sec, ISO160)
おや?遠くになにか咲いている



林道の脇に早速ヤマツツジが咲いていました。なかなか綺麗です。群生しているところもあれば良いのですが。

丹沢山のヤマツツジ

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/500 sec, ISO160)
ヤマツツジ



途中ワサビ沢出合の分岐が非常に分かりにくかったですね。良く見ないと見落としてしまいそうで、見つけても本当にルートが合っているのか不安になる入り口です。スマホでのGPS表示はこういう時に自信を持ってルートの正確か判断つくので良いですね。

ワサビ沢出合の分岐

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/800 sec, ISO160)
ワサビ沢出合の分岐



ワサビ沢出合の分岐表示

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/1600 sec, ISO160)
ワサビ沢出合の分岐表示(よく見たらちゃんと書いてある)



緑の小径を抜けていきます

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/400 sec, ISO160)
緑の小径を抜けていきます



 

林道ルートではなくてワサビ沢出合のルートを選んだおかげか、銀竜草に出会う事ができました。いつ見ても不思議な植物ですね。

丹沢山の銀竜草

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/4, 1/60 sec, ISO640)
銀竜草



 

途中でツルシロガネソウも見つけました。ツルシロガネソウは可愛くて綺麗ですね。八ヶ岳のコマクサに続いてにお気に入りの花入りしました。

丹沢山の可愛いツルシロガネソウ

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/1300 sec, ISO160)
可愛いツルシロガネソウ



この花も名前が分かりませんが可愛かったです

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/125 sec, ISO160)
この花も名前が分かりませんが可愛かったです



杉林のとても気持ち良い道を抜けていきます。このルートを選んで正解だった!

杉林のとても気持ち良い道

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/400 sec, ISO160)
杉林のとても気持ち良い道



 

丹沢山まであと2km!この辺りでちょっと休憩をしました。最近の登山のおやつはベビーチョコが多いかもです。ちょっとずつカロリーが取れるので良いですね。

水筒はモンベルの1リットルのクリアボトルです。安いスポーツドリンクの粉末パックが大体1リットル用なのでこの容量を使っています。お水を満タンに入れて粉を全部いれて溶かだけなのでが楽ちんです。
当初はナルゲンの1リットルにしようかと思ったのですが、太いのでバッグのサイドに入るか不安だったので細めのモンベルのボトルにしました。

丹沢山まであと2km

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/2.8, 1/3200 sec, ISO160)
丹沢山まであと2km



ベビーチョコとモンベルの1リットルボトル

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/7.1, 1/125 sec, ISO160)
ベビーチョコとモンベルの1リットルボトル



 

エネルギーを充填したところでまたテクテクと登っていきます。

この看板をすぎると

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/4000 sec, ISO160)
この看板をすぎると



急に歩きやすくなります

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/320 sec, ISO160)
急に歩きやすくなります



何か生えています

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/640 sec, ISO160)
何か生えています



キノコでした

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/500 sec, ISO160)
キノコでした



歩きやすくて気持ち良い道です

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/250 sec, ISO160)
歩きやすくて気持ち良い道です



アザミはまだまだ先っぽい

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/500 sec, ISO160)
アザミはまだまだ先っぽい



このルートは山頂までもう一息というところで鎖場があります。ボクは鎖場大好き人間なので問題ありませんが、苦手な人は結構怖そうなところでした。

丹沢山の鎖場

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/2.8, 1/1600 sec, ISO160)
丹沢山の鎖場



丹沢山の鎖場

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/2.8, 1/2500 sec, ISO160)
丹沢山の鎖場



鎖場で振り返ると良い景色です。

鎖場からの景色

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/4, 1/1300 sec, ISO160)
鎖場からの景色



鎖場からの景色

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/4, 1/1000 sec, ISO160)
鎖場からの景色



鎖場を過ぎると歩きやすい木道になります。

丹沢山の木道

Panasonic DMC-GX1 (14mm, f/6.3, 1/125 sec, ISO160)
丹沢山の木道



気になる穴の開いている木

Panasonic DMC-GX1 (14mm, f/4.5, 1/80 sec, ISO160)
気になる穴の開いている木



 

山頂に着きました。景色は、、、霧で見えませんね。途中の鎖場での景色が一番良かったです。

丹沢山の山頂の入り口

Panasonic DMC-GX1 (14mm, f/4.5, 1/500 sec, ISO160)
丹沢山の山頂の入り口



丹沢山の山頂からの景色。霧で見えない

Panasonic DMC-GX1 (14mm, f/2.5, 1/1300 sec, ISO160)
丹沢山の山頂からの景色。霧で見えない



丹沢山の山頂

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/1600 sec, ISO160)
丹沢山の山頂



 

三角点を探して パシャリ。丹沢山は一等三角点ですね。

丹沢山の一等三角点

Panasonic DMC-GX1 (14mm, f/4, 1/800 sec, ISO160)
丹沢山の一等三角点



日本百名山の看板 丹沢山

Panasonic DMC-GX1 (14mm, f/2.5, 1/2500 sec, ISO160)
日本百名山の看板 丹沢山



祠

Panasonic DMC-GX1 (14mm, f/2.5, 1/2500 sec, ISO160)



丹沢山の石碑

Panasonic DMC-GX1 (14mm, f/2.5, 1/1600 sec, ISO160)
丹沢山の石碑



丹沢山には、みやま山荘という山小屋もあります。365日営業しているとのことで凄いですね。アイゼンを使う登山をするようになったら、ぜひ冬に泊まってみたいです。

丹沢山のみやま山荘

Panasonic DMC-GX1 (14mm, f/3.2, 1/1000 sec, ISO160)
丹沢山のみやま山荘



みやま山荘のプロパンガス

Panasonic DMC-GX1 (14mm, f/3.2, 1/2000 sec, ISO160)
みやま山荘のプロパンガス



アイゼンは外してから・・・ちょっと可愛い張り紙

Panasonic DMC-GX1 (14mm, f/3.2, 1/1300 sec, ISO160)
アイゼンは外してから・・・ちょっと可愛い張り紙



みやま山荘のメニュー

Panasonic DMC-GX1 (14mm, f/3.2, 1/100 sec, ISO160)
みやま山荘のメニュー



みやま山荘はとても綺麗な山小屋です

Panasonic DMC-GX1 (14mm, f/3.2, 1/100 sec, ISO160)
みやま山荘はとても綺麗な山小屋です



ひとしきり写真を撮った後昼飯にしました。最近はパン1つとウイダーinゼリー的な組み合わせが多いです。オニギリだと美味しいですが登山中はちゃんと消化出来ずに気分が悪くなる事があったので、この様にしています。

ウイダーinゼリーをコンビニで毎度買っていると高いので類似品のジャスティス エネルギー補給ゼリー 180gをまとめ買いしています。安くて味も美味しいです。

ジャスティス エネルギー補給ゼリー 180g×30個

帰りはワサビ沢出合のルートではなく、林道ルートを通りました。トレッキングポールを持って行かなかった為、足に来ていたので林道の方が歩きやすかったです。

 

無事に塩水橋の バイクの所まで戻って来ました。イタズラ等されてなくて良かった。バイクだとイタズラされる懸念がちょっとありますね。

バイクは無事

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/1300 sec, ISO160)
バイクは無事



歩行距離15.6km、往復6時間の行程でした。気持ち良い登山が出来ました。

↓お役に立てましたら、ランキングやイイネ!のクリックを頂けると嬉しいです↓

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ


こちらの記事もどうぞ

丹沢の大山へ、子供たちをハイキングと油断させて頂上まで登ってきた。VAXPOTのトレッキングポールが大活躍
尾瀬沼ヒュッテのキャンプ場で一泊しつつ、東北地方最高峰の燧ヶ岳登山と尾瀬沼一周に行ってきた 1日目
東北地方最高峰の燧ヶ岳登山に行ってきた 尾瀬沼 キャンプ 2日目
雨上がりの蛭ヶ岳(神奈川県 最高峰)に登山に行ってきた。ヤマセミと鹿に出会えた
ワクワクする奇岩の岩山 日本百名山の瑞牆山へ登山に行ってきました
コマクサが魅力的な八ヶ岳に登山に行ってきた。一泊二日のコースを日帰りしたらキツかった 赤岳→横岳→硫黄岳を縦走
マジックアワーの風車の景色が絶景だった!静岡から愛知へ海岸線をトレースするバイクツーリング。「しばちゃんちのジャージー牛乳」も飲んだ
鎌倉 長谷寺の紫陽花を見にバイク ツーリングに行ってきました TAMRON SP AF 60mm F/2 Di II