Repsol Full Synthetic (10W40) Moto 4T Racing (1)

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/1300 sec, ISO160)
Repsol Full Synthetic (10W40) Moto 4T Racing



オイル交換をしばらくしてなかったので交換する事にしました。
購入したオイルはRepsol Full Synthetic (10W40) Moto 4T Racingです。
レプソルのオイルは今回が初めてです。



このレプソル モト 4T レーシング オイルは2りんかんで販売されているのですが、100%化学合成油のレーシングタイプが5,980円で、部分合成油のスポーツタイプは3,980円という二種類がラインナップされています。
レースをやっている友人のオススメも有って今回はレーシングタイプをいれてみました。

Repsol Full Synthetic (10W40) Moto 4T Racing (2)

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/1300 sec, ISO160)
Repsol Full Synthetic (10W40) Moto 4T Racing



オイルフィルタをしばらく交換していなかったので今回は一緒に交換します。
Kijima マグネットインオイルフィルター 105-608という商品をセットで購入しました。

Repsol Full Synthetic (10W40) Moto 4T Racing (3)

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/1000 sec, ISO160)
Repsol Full Synthetic (10W40) Moto 4T Racing



廃油は100円均一で買ったこのトレイ容器で受けます。
何年も使っていますが特に割れたり溶けたりはしていません。

Repsol Full Synthetic (10W40) Moto 4T Racing (4)

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/1600 sec, ISO160)
Repsol Full Synthetic (10W40) Moto 4T Racing



 

交換手順

  1. アンダーカウルを取り外します。
  2. ドレンボルトを緩めてエンジンオイルを抜きます。
  3. オイルフィルターを専用の工具で緩めて取り外します。
    緩めると結構な量のエンジンオイル流れ出すのでオイルパンの上で緩めましょう。
  4. 新しいオイルフィルターを取り付けます。締め込む前にオイルフィルターのOリング部分にエンジンオイルを塗布するのを忘れてはいけません。
  5. ドレンボルトを締めます。できれば締める前にドレンボルトガスケットも交換しておいた方が良いでしょう。ボクの場合はココから漏れたことが無いのでめったに交換しませんが。
  6. 新しいエンジンオイルを流し込みます。流しこむ際は100円均一で購入したシリコンの折りたためる漏斗を使うと楽チンです。
    計量できるオイルジョッキも持ってますが、エンジンオイルの油面の細かい調整は、車体のオイル窓で確認した方が安心なのでこの様にしています。
  7. オイルを3.5Lほど流し込んだら車体を真っ直ぐに立ててオイル窓でオイルがHIの少し下まで来るまで微調整します。
  8. オイルのキャップを閉めて、アンダーカウルを取り付ければ完了です。
慣れれば10分有れば交換できます。

シリコンジョーゴ ライムグリーン

Repsol Full Synthetic (10W40) Moto 4T Racing (6)

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/160 sec, ISO160)
Repsol Full Synthetic (10W40) Moto 4T Racing



新しいオイルフィルタと古いオイルフィルタ

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/1300 sec, ISO160)
新しいオイルフィルタと古いオイルフィルタ



廃油はマンションにエンジンオイル回収用のドラム缶が有るのでそちらに流しこみます。
今時こんなサービス珍しいかも?ですね。
廃油ポイ要らずでとても助かります。

廃油は醤油みたいに真っ黒です

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/2000 sec, ISO160)
廃油は醤油みたいに真っ黒です



 

さて、早速試走してみた印象(インプレ)です。

宮ヶ瀬の周りを流してみました。
高回転の出力安定と、強めのエンブレ時の振動減、ちょっとギアの入りが良いという印象でした。
エンジンを高回転まで回さないとChevron(シェブロン) SUPREME(シュープリーム) 5W-30との差はあんまり無いかもしれません。高回転域になって初めてありがたみを感じました。

Chevron(シェブロン) SUPREME(シュープリーム) 5W-30は、コストコでとても安く販売されているエンジンオイルですが、中低速での特性は待ったく問題無しでした。鉱物油ですが、何箱も使っていて不具合は発生していません。
Repsol Full Synthetic (10W40) Moto 4T Racingのはちょっと固いのか低速でカッチリシッカリみたいな印象です。悪くいえばちょっとモッサリですね。

Repsol Full Synthetic (10W40) Moto 4T Racingはフルシンセ(100%化学合成油)にしては安いとはいえ、いつも入れてるオイルの二倍ぐらいの値段はしますが、高回転を多用するような場合は、 とても楽しめる良いオイルだと思います。

宮ヶ瀬にてオイル交換後の試走

Panasonic DMC-GX1 (20mm, f/1.7, 1/2000 sec, ISO160)
宮ヶ瀬にてオイル交換後の試走



REPSOL(レプソル) モト・シンセティック4T 10W40 MA2 1L HTRC9
KIJIMA キジマ オイルフィルターカートリッジ マグネットイン ホンダ 品番 105-608

↓お役に立てましたら、ランキングやイイネ!のクリックを頂けると嬉しいです↓

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ


こちらの記事もどうぞ

バイクでぷらっとマニアックな鰻屋さん、厚木の川入園へ 関西風うなぎが旨い!
真冬に富士山ツーリングに行ってきた PANASONIC LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020
タイヤの皮剥きに箱根に行ったら-2℃だった | BATTLAX BT-023 SPORT TOURING
ダムカードはバイクツーリングのネタにも最適!峠やワインディングも楽しめるダムカード収集のススメ
熊野の長藤で天然記念物の藤の花を楽しむバイクツーリングに行ってきた。静岡県磐田市の穴場な素敵スポットだった
丹沢エリアのダムカード6枚をゲットするツーリングに行ってきた
伊豆エリアのダムカード2枚をゲットするツーリングに行ってきた 奥野ダム 青野大師ダム
マジックアワーの風車の景色が絶景だった!静岡から愛知へ海岸線をトレースするバイクツーリング。「しばちゃんちのジャージー牛乳」も飲んだ