バイクのヘッドライトバルブをHIDからLEDに変更 (1)

Panasonic DMC-GM1 (25mm, f/2.5, 1/60 sec, ISO1250)
バイクのヘッドライトバルブをHIDからLEDに変更



バイクのヘッドライトのH4バルブをHIDからLEDに変更してみました。LED化です。

変更の経緯は使っていたHIDが点灯しなくなり、もう5年使っているので原因究明や修理はしないで最近お手頃で実用レベルになってきたLEDにしてしまおうというわけです。
HIDは3780円で5年間使えたから大往生でしょう。

Amazonを眺めていると様々な種類のLEDバルブが販売されているので以下のような条件を決めてレビューを参考にしながら選定しました。



条件はこんな感じで。探している過程で後付したものも多数ですが。

【条件】
  • 防水対策がしっかりとされている
  • すぐに壊れたというレビューが無い
  • 配光が明らかにおかしいというレビューが無い
  • できれば車検対応
  • 明るさが片側3000lm以上  (2本の合計でlmが記載されている商品もあるので注意!)
  • パッシングができる  (格安のものはできないようです)
  • 冷却のファンやヒートシンクはレンズ外にある (レンズ内で冷却できるわけが無い)
  • コントローラー部分がバルブと一体化されていない (コントローラーの基盤がバルブの熱でやられそうで、設計で無理している可能性を考慮)
  • H4
  • バイク用に1本で販売されているものは割高かつ選択肢が限られるので車用の2本セットも検討する
  • 条件を満たしてなるべく安いもの。ブランドにはこだわらない。
  • とはいえ、LEDのチップは信頼性の高いメーカーのもの
レビューを色々読んでいるとヘッドライトのレンズ内に冷却ファンを持っているタイプは、取り付けが簡単だけど、熱が篭ったり、気化したグリスでレンズが曇ったり、電装系にファンのノイズが乗ったりと大変なことになるようです。
取り付けの簡単さで一瞬魅力的に見えたけど、これは除外。

結局選んだのが「北澤商事 H4 H/L用 4000lm [PHILIPS社製チップ採用]LED 2本1SET ファンレス!」です。
値段も7,980円とお手頃で、条件を満たしていて、LEDのチップも「PHILIPS Lumileds LUXEON Z ES」という高評価のものが採用されています。
色温度は6500Kで明るさは4000lmです。冷却ファンは無く、 ファンレスです。

届いたのでパッケージを開けて見るとこんな感じです。
しっかり作りこんである感じで不安がありません。

バイクのヘッドライトバルブをHIDからLEDに変更 (2)

Panasonic DMC-GM1 (25mm, f/4, 1/60 sec, ISO2500)
パッケージの内容



バイクのヘッドライトバルブをHIDからLEDに変更 (3)

Panasonic DMC-GM1 (25mm, f/4, 1/60 sec, ISO1000)
H4です



バイクのヘッドライトバルブをHIDからLEDに変更 (4)

Panasonic DMC-GM1 (25mm, f/4, 1/60 sec, ISO1000)
仕様



バイクのヘッドライトバルブをHIDからLEDに変更 (5)

Panasonic DMC-GM1 (25mm, f/2.5, 1/60 sec, ISO500)
LEDバルブはこんな感じです。これは横から見た状態で裏も同様の形状です



バイクのヘッドライトバルブをHIDからLEDに変更 (6)

Panasonic DMC-GM1 (25mm, f/2.5, 1/60 sec, ISO1600)
LEDバルブのコントローラーです。コンパクトで軽い。放熱できるようになっています。



 

早速取り付けてみます。

バイクのヘッドライトバルブをHIDからLEDに変更 (7)

Panasonic DMC-GM1 (25mm, f/1.4, 1/200 sec, ISO200)
バイクのヘッドライトバルブをHIDからLEDに変更



とりはずしたHIDの配線がこちら。複雑で重くて取り付け面倒くさかったな。お疲れさん!

バイクのヘッドライトバルブをHIDからLEDに変更 (8)

Panasonic DMC-GM1 (25mm, f/1.4, 1/125 sec, ISO200)
バイクのヘッドライトバルブをHIDからLEDに変更



取り付けるとこんな感じになります。ヒートシンクがコンパクトでいいですね。

バイクのヘッドライトバルブをHIDからLEDに変更 (9)

Panasonic DMC-GM1 (25mm, f/1.4, 1/50 sec, ISO800)
バイクのヘッドライトバルブをHIDからLEDに変更



コントローラーはライトの横に適当にタイラップで留めました。

バイクのヘッドライトバルブをHIDからLEDに変更 (10)

Panasonic DMC-GM1 (25mm, f/1.4, 1/50 sec, ISO800)
バイクのヘッドライトバルブをHIDからLEDに変更



点灯テストしてみます。交換前の仮で付けてたハロゲンバルブがこれ。

バイクのヘッドライトバルブをHIDからLEDに変更 (13)

Panasonic DMC-GM1 (25mm, f/1.4, 1/40 sec, ISO200)
交換前のハロゲンバルブ



交換後のLEDバルブがこれ。

バイクのヘッドライトバルブをHIDからLEDに変更 (14)

Panasonic DMC-GM1 (25mm, f/1.4, 1/40 sec, ISO200)
交換後のLEDバルブ



ハロゲンよりは明るくなるのは間違いなさそうで、安心しました。(撮影はF値とシャッタースピード固定です)

真っ暗な田んぼ道で試してみるとこんな感じです。くたびれた5年使った安物HIDより明るいです!

バイクのヘッドライトバルブをHIDからLEDに変更 (15)

Panasonic DMC-GM1 (25mm, f/2.2, 1/60 sec, ISO5000)
バイクのヘッドライトバルブをHIDからLEDに変更



ワインディングを試しに350km走ってきましたが、特に不安定になることもなく問題無く使えそうです。
すぐに100%の明るさになるのもいいし、パッシングでソレノイドのカチャカチャ音もしないし、Hi/Lowの切り替わりが一瞬なのでキレッキレのパッシングができます。

カットラインもHIDより綺麗に出ています。光軸はちょっとだけ調整が必要でした。

結論、「北澤商事 H4 H/L用 4000lm [PHILIPS社製チップ採用]LED 2本1SET ファンレス!」は中々良いチョイスだったようです。

↓お役に立てましたら、ランキングやイイネ!のクリックを頂けると嬉しいです↓

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ


こちらの記事もどうぞ

バイクの冬のバッテリー上がり対策に車用リサイクルバッテリーをトリクル充電しておくと便利
バイクのシートの表皮をノンスリップタイプに張り替えた。ついでにスーパーゲルと低反発ウレタンも仕込んでゲルシートにした
バイクのブレーキレバーとクラッチレバーをビッグワン ビレットレバーに交換したら見た目だけじゃなくて操作性やブレーキタッチも改善された
バイクに格安でオーディオを! ヘルメットに音楽が聞けて通話もできるインカムを組み込む
SHOEI Z-6のPINLOCK シールド クリアミラー シルバー(CW-1)のインプレ 誰も書かないであろう欠点も。
スマホをバイクナビにするには?試行錯誤の末、iPhoneアプリのnavicoと防水ケースに辿り着くまで
バイクのバッテリー交換 SHORAI LFX18A1-BS12にするか悩んだ挙句、GS YUASA YTX12-BSにした話
ショーエイ(SHOEI) Z-7のインプレ